富士山登頂記その1

Screenshot_2016-07-06-14-08-45

 

 

 

 

富士山・・・・・・ 言わずと知れた日本一の山

天気さえ良ければ東京からでもその姿を拝むことができるし

日本男児に生まれた以上、一度は登ってみたい山である。

 

先日お盆で帰郷して久しぶりに友達と手羽先喰いながら語り合っていると

友人の森本(仮名)と石橋(仮名)が頂上まで登り御来光を見てきたと言う・・・・

 

その話を聞きながら思わず遠い目になる俺、なぜなら2年前!

果敢にも富士山に挑んだ男がいた!!

~イントロ 中島みゆき~

♪風の中のすーばるーー 公園のペガサスゥ~

歌詞でたらめ

 

 

いや、ただ富士山登ったダケなんだけどね、

ちょっと色々あったもんで書いとこうと思って

 

 

 

あれは2年前の六月下旬・・・

「あっ 富士山のぼろ」

と思い立った渡部将之(23)

訳などない、そこに山があるからだ、当時上京して一年・・・・

人生を賭けた勝負にでようという男が日本一の山に登らんでどうする!

と意味不明な力に押され、バイト先に3連休をいれる。

 

俺「あ、明日から三日間休みます」

店「え~?理由は?」

「富士山・・・登るんで」

店「・・・明後日は?」

「疲れてるから」

店「しあさっては?」

「なんとなく」

 

 

こんなやりとりがあったかなかったか今となってはもうオボロゲだが

とにかく時間を作った。

ここまでは良かった、しかし当時(今でも)山の事など何一つわからず

富士山は勝手なイメージで

「老若男女誰でも登れるレジャーな山」

と思い込んでいた。

 

間違いの始まりだ。

 

妙にテンションが上がり夜中の三時にバイクで家を出る。

「静岡なんて高速ですぐじゃん」と余裕をかまし、ハイロウズあたりを口ずさみながらバイクを駆る!

そして気が付く

財布に1200円しか無い事を!

それでもハイになった俺は構わず

「下道でも十分に時間あるじゃん」と考え直しそのまま静岡へと突入。

3時間走り、富士山まであと少しと言うところでえらくヤンキーチックな車から声をかけられる。

見ればギャル2人組ではないか!

 

ギャル美「かっこいいバイクだね~」

俺「あ、どうも」

ギャル子「どこ向かってんの?」

俺「富士山登るんで」

ギャル美「お菓子食べる?」

俺「いやもう信号変わるんで」

ギャル子「じゃあね~」

 

全く中身のない会話でその場をやり過ごす、しかしその時、

走り去る直前俺の耳に飛び込んできた言葉が!

 

 

ギャル美「でもいま富士山ってやってるぅ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バカが!

 

 

 

「富士山」

「やってるぅ」

とはどーゆーーこっちゃ!

 

 

富士山は

年中無休で富士山じゃバカ女!

 

・・・と近くのコンビニで板チョコを二枚と500mlのク~(パッションフルーツ)を買う。

おやつだ、何かあれば富士山で買えばいいし。

 

 

そしてついに富士山到着!

当然俺は富士山にはいくつも登山道があるという常識を知らない

よりにもよってバイクを停めたのは太朗合(坊)という五合目の駐車場!

ちなみに一番下の方

 

そして判明する驚愕の事実!!

富士山には山開きというのがあり

六月下旬はまだ山開き前で午前6時なんざヒトッコ一人いないという事実!

いや常識!!

 

バカ女なんてとんでもない、

バカはオマエだ!!

 

と無人の荒野は言っていた。

 

 

俺の前にただただ広がる石の斜面、

俺には

地獄の様に見えました。

 

 

 

続く

 

※2002年に書いたブログが閉鎖したためこちらに転記